2017年12月4日月曜日

◇国会質問のお知らせ


【国会質問のお知らせ】
 平成29年12月5日(火)15時~15時20分(予定) 
 参議院 厚生労働委員会 
 案件 ・新たな社会的養育ビジョン等
    ・若者サポートステーションについて 

※参議院インターネット中継でご覧頂けます。
14時30分~三浦のぶひろさん、14時45分~伊藤たかえさんの質問予定。
三人で頑張ります!

下の写真は明日の厚生労働部委員会に向け、必死のパッチで質問を練っている香苗さんナウ



◇ソーシャルスキルトレーニングの視察


大阪府児童福祉事業協会アフターケア事業部のソーシャルスキルトレーニングの視察。
児童養護施設などから退所する前に、1人で生活するための力を養う研修を視察させていただきました。
男子はAOKIがネクタイの結び方、女子は資生堂から化粧の仕方。企業の皆さんのご協力あってのトレーニングです。

2017年11月28日火曜日

◇生活困窮者自立支援ネットワークよりお話を伺う。


厚生労働部会・生活支援PTで、生活困窮者自立支援ネットワーク宮本太郎中央大学教授と奥田知志NPO法人抱樸理事長からヒアリング。
理論的に宮本太郎先生から、現場からの実践経験を奥田理事長から、貴重なお話を伺いました。生活困窮者自立支援制度が出来て、3年。この間、様々試行錯誤して来ましたが、お二人のお話を伺いながら、この制度は制度化して来て、ホント良かったという思いと、さらに広め、進化させていかねばという思いで一杯になりました。
お話もしっかりと受け止め、今後の議論に生かしていきたいと思います。宮本太郎先生、奥田理事長、本当にお忙しい中、ありがとうございました

2017年11月26日日曜日

◇昨夜は滋賀県甲賀市支部大会へ。


昨夜は滋賀県甲賀市支部大会へ。
甲賀市では、先の衆議院選挙と同日に市議選が行われ、党員支持者の皆さまのお陰で、過去最高の得票で、白坂さん、田中さん、新人の堀さんの3名が当選。
4期にわたり頑張っていただいた加藤さんは今回で勇退。50を超える実績を積み重ね、しっかりと後輩にバトンタッチ。長きにわたり、本当にお疲れ様でした。お世話になりました。
支部大会には、岩永市長にも急遽お越しいただき、多くの党員支持者の皆さまにお集まりいただき、盛大に開催することができました。本当にありがとうございました。
私の方からは衆議院選挙、市議選の御礼とともに、国政報告させていただきました。公約実現に向け、地方議員の皆さんともに全力で頑張って参ります。

2017年11月25日土曜日

◇大阪府本部女性局と青年局合同で児童虐待防止推進月間の街頭演説会


大阪府本部女性局と青年局合同で児童虐待防止推進月間の街頭演説会を天王寺MIO前で開催。
先の衆議院選挙で当選した鰐淵洋子さん、三浦大阪府議、藤村府議、そして地元の島田大阪市議とともに、児童虐待防止の党を挙げて全力で取り組む決意を述べさせていただきました。

2017年11月22日水曜日

◇CIW検査業協会創立35周年記念祝賀会へ。


CIW検査業協会創立35周年記念祝賀会へ。
CIW検査業協会は、溶接構造物の非破壊検査を行うことを業務とする事業者団体で、斉藤鉄夫税調会長とともに長いお付き合いをさせていただいております。
一言お祝いの言葉を述べさせていただきました。写メは斉藤鉄夫税調会長の秘書さんが撮って送ってくださいました。ありがとうございます!

2017年11月17日金曜日

◇同期の遠山清彦部会長代理と頑張ります。


会議が立て込みすぎてアップ出来ずすみません。
各種団体ヒアリング、部会で分刻みのスケジュール。
介護や医療、保育の現場の切実なお声を伺わせていただいています。
医療、介護、そして障害報酬のトリプル改定、子ども子育て支援新制度の公定価格な見直し検討…現場の実態をしっかり踏まえて精力的に議論して参ります。
また、この度、厚生労働に加えて、外交部会で部会長を仰せつかりました。本日は、先のトランプ大統領訪日、APECやASEAN.東アジアサミットなどについて外務省よりヒアリングを行いました。
同期の遠山清彦部会長代理と頑張ります。

2017年11月14日火曜日

◇自殺防止対策PT


14日も団体ヒアリングや厚生労働部会等会合が目白押し。夕刻には、自殺防止対策PTを開催。谷合さんが長らく座長を務めておりましたが、先の内閣改造で農水副大臣に就任したため、その後を引き継ぎ、この度、私がPT座長となりました。
PT座長となった初めての会合では、今回の座間の事案を踏まえた若者の自殺対策について、ライフリンクの清水さん、Bondプロジェクトの橘ジュンさんに急遽来て頂き、ご意見をお伺いしました。
今回の座間の事案では、SNSに自殺願望を書き込んだことをきっかけに、9人の若者が犠牲となりました。卑劣な極まりない犯行に怒りを禁じ得ません。犠牲となられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。
今回の事件の被害者の若者たちは決して例外的な存在ではない。被害者は氷山の一角ーーー清水さんから我が国の若者の自殺の現状や必要な対策についてのお話を伺う中、ものすごい危機感を共有するとともに、SOSの出し方教育などもっと早く、もっと強力に進めねばならない、少しでも早く再発防止策を講じていかねばならないと改めて痛感しました。
また、生きづらさを抱えている若い女性たちに寄り添う支援に取り組んでいる橘ジュンさんからは、支援の現場からの大変貴重なご意見を伺いました。「誰かに認めてもらいたい」「一緒に死のう」といってくれる人が欲しい。共感してくれる人が欲しい。SNSは彼女たちの逃げ場になっている。SNSを規制するのではなく、生きづらさを抱えている彼女たちがSNSを通じて支援につながり、安心・安全な居場所づくりへつながれるようにすることが極めて重要です。今、まさにこうした制度と制度の間に陥って支援の手が届いていない若者の居場所づくりを制度化することに取り組んでいます。更に議論を加速化していきたいと思います。
清水さん、橘ジュンさん、本当にありがとうございました。
政府においては11月10日、関係閣僚会議が開催され、年内に再発防止対策をとりまとめるとのこと。我が党内においても議論を更に深め、再発防止策をとりまとめ、政府案に反映させて参ります。

2017年11月13日月曜日

◇公明党生活支援PTで神戸市へ。


神戸市がグリーンコープに委託している家計相談支援事業を公明党生活支援PT、兵庫県・神戸市のわが党の議員の皆さんとともに視察。
家計相談支援事業は、施行後3年の見直しを迎えている生活困窮者自立支援制度の任意事業の一つで、厚生労働省の審議会において必須化が検討されています。
相談者に寄り添いながら、家計の状況を一緒に見える化し、その過程で、相談者本人自らにいくら足らないのかを認識させ、自力で家計管理ができるようになるよう、粘り強く支援する仕組みです。
この事業の先駆けであるグリーンコープから行岡みち子さんが九州からわざわざ来てくださり、わかりやすく事業についてまず説明頂きました。その後、神戸市での取り組みをグリーンコープ生活協同組合ひょうご神戸市家計相談支援センターの覺前室長さんから伺いました。神戸市では昨年度からスタートしており、着実に成果を上げてきているとのこと。
最後には、センターに伺い、相談者に寄り添い、願いを叶えたいと頑張ってくださっている相談員の方にもお会いでき、直接お話を伺えて良かったです。
神戸市の生活困窮者自立支援制度の取り組み状況についても、神戸市の三木局長はじめ幹部の方々にご説明いただき、抱えておられる課題についてもお伺いできました。
もっといろいろお話を聞きたかったのですが、どうしても東京に戻らねばならず、後ろ髪を引かれる思いで、神戸空港から東京へ。
改めまして視察にあたりご尽力いただきました神戸市、グリーンコープの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2017年11月1日水曜日

◇本日、第195回国会(特別国会)が招集されました。


 本日、第195回国会(特別国会)が招集されました。
 
会期は12月9日までの39日間。会期については、午後に行われた参議院本会議で全会一致で了承されました。
 衆議院選挙後初めて開催された国会。首班指名後お礼に参議院に安倍総理がお礼に来られました。

 11月は公明党創立の月。国民の皆様の付託に全力でお応えするため、山口代表の下、一致団結して頑張って参ります。

◇人生100年時代構想本部を開催。


人生100年時代構想本部を開催。
官邸においては先週、第2回目の人生100年時代構想会議が開催され、幼児教育無償化や大学無償化など教育負担軽減について議論がなされました。
わが党の本部においても、第2回目会議の状況をヒアリング。幼児教育の対象など制度設計についてのやり取りが行われました。私立高校実質無償化については、総理と山口代表からのやり取りを受け、事務方に検討の指示が出ているとのこと。引き続きしっかり検討して参ります。

2017年10月29日日曜日

◇大阪市北区の山本智子さんが支部長を務める支部会へ。


大阪市北区の山本智子さんが支部長を務める支部会へ。

衆議院総選挙後初めての支部会にお足元の悪い中、多くの皆さまにお集まりいただきました。本当にありがとうございました。私の方からは、選挙翌日には連立政権合意を結び、公約実現に向け、着実に一歩を踏み出している事などご報告させていただきました。


北区の皆さん、本当にありがとうございました。

2017年10月26日木曜日

◇トルコ大使館のレセプションへ。


トルコ大使館のレセプションへ。
ビュレント・メリチ大使ご夫妻と外務省の先輩の中東アフリカ局長と。
Umarım、her alandaki Japonya-Türkiye ilişkileri daha da geliştirir.

2017年10月23日月曜日

◇さらに戦って参ります。


この度の台風21号により、甚大な被害が出ています。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、この度の衆議院総選挙は、定数削減もあり、大変厳しい戦いとなりましたが、党員・支持者の皆様の真心のご支援により、関西6小選挙区はじめ8選挙区、比例区近畿ブロック4議席はじめ21議席計29議席を獲得することが出来ました。心より厚く御礼申し上げます。

今回の選挙では、ラスト一週間は冷たい雨が続き、最後の最後は大型台風も接近し、激しい雨となりました。こうした悪天候にもかかわらず、「公明党ガンバレ‼︎」「負けたらあかん‼︎」と沢山の党員・支持者の皆様が各地の街頭演説会に駆けつけて下さいました。


また、新党躍進との報道に対し、「耳障りのいい言葉に騙されたらあかん‼︎」「信頼できるのは公明党だけや‼︎」と力強く支援を拡げてくださったのも党員・支持者の皆様です。本当に、本当にありがとうございました。

しかし、絶大なご支援をいただいたにもかかわらず、現有35議席まで届くことができませんでした。ご支援いただいた皆様に申し訳ない思いと悔しい思いで一杯です。
今回の選挙結果を真摯に受け止め、山口代表の下、全議員が一致団結し、大衆とともにとの立党精神に立ち返って再スタートを切って参ります。ご支援して下さった皆様のご期待にお応えする戦いをして参ります。

改めてご支援賜りました皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
また、衆議院総選挙と同日に投開票となった滋賀県や兵庫県、奈良県などにおける地方議会議員選挙におきましても、党員支持者の皆様に大変お世話になりました。重ね重ね御礼申し上げます。